アルバイトとは

アルバイトとは俗に非正規社員と呼ばれる、正規社員に比べると賃金形態があまり良くない就労形態である。

アルバイトは正規社員に比べると、短期間かつ低賃金となる場合がほとんどである。
日本の普段の会話では「バイト」と呼ばれる。 アルバイトの語源は、ドイツ語のArbeitであるとされている。

辞書によるとアルバイトの意味は、学業や本業のかたわら働くことであるとされている。 法律的にはアルバイトも正規社員も労働者である。 アルバイトでも有給休暇などの、労働者としての権利があり、その権利を行使することができるのである。

契約面では正社員はきっちり書面にて契約を交わすが、アルバイトは書面でない場合がある。 アルバイトではただの口約束だけで採用されるケースも少なくない。 書面が残っていないと何かあった時に不便である。

アルバイトの給与は大抵、時給で支払われており、働いた分だけもらえるという仕組みになっている。
アルバイトの職種は様々である。
コンビニ、飲食店、アミューズメント塾講師、コンパニオン、インストラクター、引越しなどがある。

アルバイトの求人情報は、インターネットの求人サイトか、フリーペーパーなどで探す。 学生が終わっても、アルバイトで生計を立てるフリーターと呼ばれる人も近年では社会現象になっている。