フリーターとは

フリーターは日本のみ存在する言葉で、正規雇用以外の雇用形態で働き生計を立てている人。 フリーターはフリーアルバイターとも呼ばれる。

正社員という用語も日本特有のもので、諸外国には正社員に当たる言葉は存在しない。
フリーターという言葉ができて間もない頃は、フリーターに明確な定義は存在しなかった。 当時の意味は雇用形態がアルバイトであることや、若者であることなどあいまいなものであった。
1991年に厚生労働省がフリーターの定義を決めた。 年齢は15歳から34歳であり、在学していない、勤め先の雇用形態が非正規社員であるものである。

最近ではフリーターのほかにも、ニートという言葉が作られた。
ニートは、フリーターがアルバイトをしているのに対し、アルバイトすらしていない者のことを指す。

働いていないが働く意欲がある人のことはフリーターと呼ぶ。
フリーターの歴史的背景はバブル経済の崩壊である。
バブル経済が崩壊すると、企業の新卒採用に関する基準が急速に厳しくなっていった。 バブルが崩壊したときから就職氷河期が始まった。
就職できない若者が増えてくると、とりあえず生計を立てるためにアルバイトをしなくてはならない。 就職氷河期が、フリーターを生むきっかけとなった。